しましねまな日々

映画上映サークル「島の映画やさん」代表のブログ

未分類

私の頑張り切れない先輩〜事前知識「リズと青い鳥」だけで観る『劇場版 響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ』〜

投稿日:2019年5月8日 更新日:

『劇場版 響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ』観てきました。

吹奏楽に打ち込む高校生たちの青春を描いた京都アニメーション制作の人気アニメ「響け!ユーフォニアム」の完全新作劇場版。テレビシリーズでは1年生だった主人公の黄前久美子らが2年生になり、新たに入部してきた1年生たちとともに全国大会金賞を目指す中で起こる波乱の日々を描く。

全日本吹奏楽コンクールに出場を果たした北宇治高校吹奏楽部で、2年生になった黄前久美子は、4月から新しく入った1年生の指導にあたることになる。全国大会出場校とあって、多くの1年生が入部する中、久美子たちの低音パートには、久石奏、鈴木美玲、鈴木さつき、月永求という4人の1年生がやってくる。サンライズフェスティバルやオーディション、そしてコンクールと、全国大会金賞を目標に掲げて進む吹奏楽部だったが、問題が次々と勃発し……。

監督の石原立也、脚本の花田十輝らテレビシリーズを手がけたスタッフ&キャストが再結集した。

TVアニメシリーズ「響け!ユーフォニアム」に関してはほぼ知識ゼロ。過去の劇場版も未視聴で、スピンオフにあたる「リズと青い鳥」だけ観た状態です。

本作を観る前の私のツイートはこの程度の温度感、


偶然ポスターに惹かれて観た「リズと青い鳥」にはドはまりしてとてつもない入れ込みようで観た本作でした。

全日譚となるTVアニメシリーズも未視聴で楽しめるかなと思いましたが、実際観てみたらなかなかに楽しめました。

新入部員として先輩達と部の過去に思いをはせる100分

これまでのエピソードを分かってないことで物語への没入に支障が出るかなと思ったんですが、久石ら1年生と同じ目線から部の先輩たちにどういう過去があって今に至っているのかを想像しながら人間関係を読み解いていく楽しみがありました。

というより部活ものって、ある程度現在進行形の話の中に先輩たちの過去を読み解けるようにして話を作らないと、新入生たちがドラマに混じっていけないと思うんですよね。

そういう意味では卒業と入学という絶対的な新陳代謝が生じる部活ものって前知識なしで途中参入しやすいジャンルなのかなと思いました。

「久美子」の主人公としての好感度の高さ

そうやってキャラクター達を読み解いていく中で気に入ったがいくつかあります。

第一に「リズと青い鳥」では「髪の毛の茶色いやつ」としてしか認識してなかった主人公・黄前久美子のキャラがすごく好きなキャラクターでした。

まず驚いた点。久美子には彼氏がいるんですね。彼氏がいるアニメーションのキャラクターを久しぶりに見たので新鮮さがありました。

あとキャラクター性から小柄だと思っていたら、女子部員の中では背丈も骨格も大きいほうで、アニメキャラクターの先入観で見ていると想像を裏切られる楽しみがありました。

久美子と、同じく「髪の黒い嫌なヤツ」としか認識のなかった高坂との互いに求めるレベルの高い友情も良かったです。

「高校から頑張れたもう一人の自分」久美子

さて、私が久美子のキャラクター性の中で一番「おっ」となって、最も好感度が高かった点は「中学では割となまけてた」という点でした。

スポ根ジャンルの登場人物たちが無限の情熱でもって努力を重ねる姿には、アツさを感じると同時に「自分はそこまでは頑張ってきてない」という引け目を感じて入り込みきれない時ってありませんか?

私はよくあって、「ああ、私はこのキャラクターに顔向けできるほど高校時代に頑張って生きてないな」って思っちゃうんですよね。

久美子はそういう心境でも入り込みやすいキャラクターで、(私がそうであり、私たちの結構な大部分がそうである)「中学でも高校でもなまけていた」現実の自分から分岐した「中学まではなまけていたけど高校からは頑張っている」ifの自分の姿として観られるところが、入り込みやすいさなのかなと思いました。

久美子が視聴者に近い視点を持っているのは、情熱はあるけど冷めた視点を持っている点にも表れてますね。

「そこまで好きじゃない」を掘り起こす残酷さ

物語全体としての印象は、久美子のキャラクターに表れているように、全体の物語に「頑張ってない側の人」の個々人の物語が組み込まれているのが恐ろしい話だと思いました。

劇中で様々なドラマが起こって、個々のキャラクターは必死に生きてるんですけど、その裏側ではキャラクター達も我々観客も「でもこの人のほうが実力があるし、この人のほうが実際努力してるよね」って冷静な目で見てる感触があるんですよね…

いやね、なんか分かるんですよその手触り。学生時代の部活って「頑張る」「頑張る」って言ってるけれども別にすべての情熱を部活に傾けてるわけじゃなくて、むしろさぼってる時間のほうが長かったり、でも後輩には先輩として立派なことを言うとしたりとか…そういう心境って部活あるあるなわけですよ!

この残酷さ。「才能がないこと」より「そんなに頑張ってない」ことを暴くほうがはるかに残酷ではないですか?学生時代の「みんな頑張ってる」なんてぬるい共感のおためごかしを許さないシビアな残酷さのある話だと思いました。

生まれ持った身体能力が大きなウェイトを占めるスポーツよりも、練習量がものをいう音楽のほうが練習量の差という残酷さを描くには適した題材とかもしれませんねぇ。

「ちょっとだけでも好き」を見つめる優しさ

ここからが私の言いたいことなんですけど…

じゃあ頑張り切れなかったけど、そこそこには頑張ったやつの頑張りには価値がないってんですか?!って話ですよ!

本作には明らかに限界まで頑張ってるキャラクターもいれば、そこまで頑張り切ってはないけどめちゃくちゃ頑張ってるふりしてるキャラクターもいるわけです。

前者はきっと高校以降もより高いレベルで音楽をやれるんでしょうし、後者はおそらくそうではないでしょう。

でも100%まで頑張り切らない青春にだって必死な悩みがあったり決断があったりするわけで、それらの集大成としてラストの演奏シーンではみんなが対等な立場で演奏を披露するわけじゃないですか。やっぱりそこには感動があるわけですよ。

ていうか笠木希美!お前だよ!映画公式サイトのキャラクター紹介にもなってないお前の姿に感動したんだよ!

「リズと青い鳥」にバチバチはまってた私からすれば、ひたむきになり切れなかった側であり、挫折を経験するキャラクターである笠木希美が前を向いて堂々と演奏する姿にはどうしても感動してしまうんです。

それってきっと希美に限らず他の頑張り切ってはないけれど、そこそこに頑張ってきたキャラクターたちの姿でもあると思います。

「響け!ユーフォニアム」は情熱量の差を冷酷に描きつつ、それでも個々人の生きざまを丁寧に見つめる眼差しもまたある、甘くはないけれど優しい話なのだなと思いました。

時間を設けて過去映画やTVシリーズもできれば観てみたいところ。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

洲本オリオン2016年の締めくくり!年末年始アニメ3本感謝上映!

お久しぶりでございます! 映画上映企画団体「島の映画やさん」です! 2016年は「島の映画やさん」そして「洲本オリオン」が大変お世話になりました。 あらためて自己紹介いただきますと、「島の映画やさん」 …

「これが淡路島流戦車道の底力です!」ガールズ&パンツァー 劇場版&OVA&TVシリーズ12話上映!

初めての方ははじめまして!そうでない方はお久しぶりです! 兵庫県・淡路島にて映画上映会の企画・運営を行っている「島の映画やさん」と申します。 休館中の淡路島唯一の映画館「洲本オリオン」と協力して、様々 …

淡路島・洲本オリオン「ガールズ&パンツァー」上映にお越しいただく方へのご案内①〜上映に関してのご案内〜

本日7月14日時点でいよいよ明日に迫ってまいりました淡路島・洲本オリオン 「ガールズ&パンツァー」上映、 長らくお待たせいたしました! 今回は投稿を複数に分けて、ご来場いただく皆様に上映に関し …

ガールズ&パンツァー年越し一挙上映に関してのご注意

いよいよせまってまいりました洲本オリオンガールズ&パンツァー年越し一挙上映。 何かと特殊な上映ですのでご注意いただきたい点をまとめましたのでご参考ください。 スケジュール 12/31のスケジュ …

洲本オリオン周辺飲食店案内~観光地的じゃない地元下町グルメ編~

いよいよ本日(12/23時点)にせまりました、洲本オリオン・2016-2017年末年始アニメ上映。 夏のガルパン上映の際にはわざわざ淡路島までお越しいただくのだからと、洲本オリオン周辺の飲食店をご紹介 …